« ウッケッケの衣替え | メイン | 明石目的の旅 »

スコーンとクロテッドクリーム

スコーンとクロテッドクリーム

谷中ママリンがどこぞの英国展で買ってきて貰い受けた Rodda'sクロテッドクリームが当の昔に賞味期限切れ(2004.10.31)となってたもんで、帝国ホテルサロン・ド・テスコーンを買ってきて、そのクロテッドクリームをつけて食べました。
それにしてもこのスコーン、格別に美味いってほどのもんではないと思うのですが、結構大人気なんですな。梅田の阪急百貨店でもちょうど英国展やってたもんで一度買いに行ったんですが売り切れだったし、サロン・ド・テも2度売り切れで3回目の訪問でやっと購入できました。

で、このスコーン with クロテッドクリームはカールトンとケッケが一緒に食べました。なぜこの組み合わせになったかは謎。そして賞味後しばらくして、ケッくんとカールトンは二人でお布団の方に行って

ケスケ「スコーン、どーだったっぴ?(`Θ´)」
カールトン「・・・」
ケスケ「クロテッドクリーム付けないと美味しくなくないっぴか?」
カールトン「・・・」
ケスケ「ってことはスコーンじゃなくて、クロテッドクリームが美味しいってことっぴかね?」
カールトン「・・・・・・・・・・・・・・・」
ケスケ「でも、また食べたいっぴ(`Θ´)」

といったような会話をコソコソしてたようです。
ちなみにカールトンの「・・・」はケスケには何を言っているのかちゃんと聞き取れています。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://m-louis.org/post/mt-tb.cgi/74

コメントを投稿