« 阪和線〜紀勢本線 | メイン | 白浜:近畿大学水産研究所 »

紀伊田辺〜白浜

040821_0948_tanabe.jpg

電車に乗ること約3時間、紀伊田辺駅で下車後、明光バスで白浜駅まで向かいます。紀勢本線は本来、白浜駅も停まるのですが、紀伊田辺〜新宮間の普通列車が7:55〜10:47まで一本もないんですね。ちなみにその間、特急のスーパーくろしお号は6本も走っていて、これはもう明らかにJRのいやがらせと言うしかないでしょう。

ところで、くわる丸はもう10年以上も前に一度、貧乏一人旅で白浜を訪ねたことがあり、そのとき紀伊田辺の駅のホームでの野宿を考えていたところ、その前に時間潰しで立ち寄った喫茶店のマスターがソファーでよかったら寝てっていいよと言ってくれたのです。たぶんその喫茶店が「ぺるかんと」だったと思うんだけど、違ったかな〜。
と思って Google で検索してみると少ないながらいくつか出て来て、ちいろば企画というサイトの「熊野古道(中辺路)と熊野三山、神倉神社をたずねる旅」というページに「ぺるかんと」の店内写真がちらっと出てまして、、そうそう、確かこんな店だったし、こんなマスターでした。何を喋ったかはまるで覚えてないんだけど、結構退屈しのぎなんてもんじゃない会話を楽しめた記憶だけは残ってます。他に和歌山の喫茶店情報のサイトにもべる・かんとって名前で紹介されました。中黒点入れるのが正しいのかな?

□◇
「べるかんと」について、さらにちいろば企画というサイトの blog「女性起業家の旅行会社奮闘記」をチェックしてたら、「田辺市観光」という記事に「べるかんと」のことが書かれてるのを発見!

田辺にはあまり喫茶店がないのが少々不便。見つけたのは駅近くにある「べるかんと」。ここの喫茶店のマスターである大野さんは昔、東京の三鷹に住んでいらっしゃったとのこと。そして、とても知識人でもあります。この大野さんといろいろお話をして楽しい時間を過ごせました。この喫茶店にはおもしろいコーヒーぜんざいなるものがあります。後日、「ちいろばのスピリチュアル旅行」でご紹介致します。

その一文を引用してみましたが、なぜに話が弾んだのか思い出しました。バスの時刻の関係で立ち寄れなかったんだけど、今度行くことがあればコーヒーぜんざいを食べてみたいですね。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://m-louis.org/post/mt-tb.cgi/36

コメント

くわる丸様

ちいろば企画のちいろばです。私のホームページやブログへのコメントとトラックバックをありがとうございました!

くわる丸さんのブログは見ていてホッとするようなかわいい写真もあっていいですね。

べるかんとでは、マスター以外にお店にいらっしゃったお客さんたちともお話してとても楽しい雰囲気でした。ぜひ、次回はコーヒーぜんざいを食べてみてください。

ちいろばさん、コメントありがとうございます。
いい大人が何アホなことやってるんだ?って感じのブログですが、90%のアホのなかに10%くらいは便利な情報も織り交ぜられればと思ってやってます。

それにしても、べるかんとに関してはちいろばさんの記事&写真があったおかげで十数年前の記憶が一気に蘇りまして、久々インターネットで興奮を味わった感じです。本当にありがとうござました。

コメントを投稿