« ゴマ建築 | メイン | 讃岐うどん タマちゃん? »

赤穂線・日生駅

春夏冬休み期間の総領帰省はいつでも青春18きっぷ
ただ、最近ダイヤが代わり気味で、前回春休み中の帰省帰阪時もそうだったけど、相生〜岡山間を山陽本線ではなく赤穂線で迂回しなければならない。そもそも本数が少ない上に接続が嫌味でやってるんじゃないか?(たぶん新幹線に乗せたいのだろう)と言いたくなるほど悪いので、迂回しても赤穂線の方が早く岡山に着くのだ。

前回赤穂線に乗ったときはすでに当たりが薄暗くなっていたけど、今回は午前中だから車窓からの風景もばっちり見える。天気もよかったしね(っていうか、ひどう暑かった)。赤穂線は山陽本線に較べて、瀬戸内海が近く、また線路脇の民家が目と鼻の先ってなところにあって差し迫ってくる感じが面白い。ほのぼのとした風景の中に突然だだっ広い工場が出て来たりもして、初めて見る光景を十二分に満喫した。

途中、日生(ひなせ)という小豆島に船が出てる小湊のある駅で10分ほど停車。ウッくんケッくん共に張り切ってホームに出ってたもんで、乗客たちのちょっとした人気者に。カスケも LBGO で書いてるが今度は停車するだけじゃなく、この辺の幾つかの駅で下車した町を散策してみたいものだ。列車が岡山駅に到着し、またいつもの山陽本線に戻ると、何となくラオスからタイに戻ってしまったような感覚になった。

□◇
赤穂線・車窓からの風景

040812_hinase.jpg


帰りも赤穂線だったので、夕暮れの様子もついでにアップ。

040815_ako.jpg

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://m-louis.org/post/mt-tb.cgi/25

コメントを投稿